NEWS

クリエイティブサーベイ・ニュース

印象調査にオススメ!尺度を使ったアンケートでユーザーの声を数値化〜マトリクス・スライドバー編〜

2017.11.21 update

アンケートはユーザーの声(感情・感性)を聞くための有効な手法です。
これだけ聞くと当たり前のようですが「どのような方法でユーザーの声を聞くのが良いか?」ということに悩んでいる担当者の方は多いのではないでしょうか。今回は多種多様なアンケート手法の中から感情や感性の振れ幅を聞くことに適した尺度法のご紹介と、クリエイティブサーベイでそれを作るときのオススメ質問形式「マトリクス」と「スライドバー」についてご紹介したいと思います。
 
 

感情や感性の振れ幅を聞く「尺度法(しゃくどほう)」とは?

尺度法は、明確な評価段階を用意して、回答者は自分の気持ちに近い選択肢を選ぶ方法です。具体的な例としては「大変良い、良い、普通、悪い、大変悪い」など一般的にアンケートで見かけることも多い方法の1つです。

尺度法の良いところは、感情の振れ幅を聞くことに長けている点です。例えば、年齢を聞く質問のように回答者にとって明確な事実を回答するものと異なり「満足しましたか?」「このデザインは好きですか?」といった感想や感性を訪ねるような質問では「YES or NO」や「A or B」など、白黒はっきり回答しづらい場面もあります。
このようなシーンでは尺度法を活用して「どのくらいそう思うか?」という感情の振れ幅を聞くことが有効です。また、分析の観点でもより深い分析を行うことが可能で、実際に心理学の研究や多変量解析を伴うような高度な分析を行う際は尺度法が用いられることが多いです。

そんな便利な尺度法をクリエイティブサーベイで作るとどうなるかということで実践編です。実際にクリエイティブサーベイを使って行える尺度法のアンケートの作り方を紹介していきます!
 

縦横表組みのマトリクス形式でn段階評価をおこなう

Webでも紙でも何かしらアンケートに回答したことがある方は、上記画像のような表型の回答方法を見かけたことがあるのではないでしょうか。
この表のような形で回答する質問方法は一般に「マトリクス」と呼ばれています。
マトリクス形式では、列の縦方向に選択肢、行の横方向に質問項目が並べられることが多く、列の選択肢を共通の評価段階とした尺度法の質問を行うことができます。

マトリクス形式の良いところは次のようなポイントです。

・ 評価段階を明確にn段階とすることができる
・ 1画面でたくさんの質問に回答できる(共通の選択肢の場合)

ご覧の通り、マトリクス形式では選択肢は表の列数で固定されています。そのため、先ほど尺度法の解説で挙げた例のように「大変良い、良い、普通、悪い、大変悪い」の5段階評価などを作りやすくなります。
また、PCモニターでアンケートを行う場合は、選択肢形式の質問を大量に並べるよりも、マトリクス形式で表の形で一気に回答できる形の方が回答者にとっても負荷が少ないアンケート画面になります。もちろん、マトリクスでも質問数や選択肢数が多くなりすぎると回答者の負荷が高くなり回答の質が下がるので注意は必要です。

少し話は脱線しますが「マトリクスの評価を何段階にするか?」という点に悩む方も多いのではないかと思います。これはこれで深いテーマなので詳細は別の機会にとっておこうと思いますが、少しだけ触れておきます。
マトリクスの評価段階は、最終的にはアンケートの目的次第になりますが一般的には「5段階」や「7段階」が多いです。5や7など奇数の評価段階の場合、真ん中は「普通」や「どちらでもない」といったような中庸の選択肢になります。分析者としては「どちらでもない」は結果を分析する際に白黒つけづらいため、中庸の選択肢を省いた形で「4段階」や「6段階」評価とするケースもあります。
どの段階が正解ということではなく、目的に応じた使い分けが大事なのですが、あくまで個人的な意見として、アンケート回答者側の気持ちになってみると実際に「どちらでもない」という気持ちになる質問はあります。アンケートの聞き方に問題があったのか?ターゲットがずれていたのか?など「なぜ、どちらでもないと思ったのか?」という観点で分析を行うと示唆が得られる場合もありますので、初心者の方は中庸の選択肢を含め、その中でもより一般的な5段階評価の尺度でマトリクスを作るのがオススメです!

話を戻してマトリクスを使うときの注意点をいくつか挙げたいと思います。ポイントは「スマホ対応」と「評価段階に回答が固定される」ことです。
先ほど良いところで解説したとおり、マトリクス形式はPCモニターでは一覧性に優れているのですが、スマホになると表が見づらくてタップしたい選択肢を押せないくらい小さな表示になってしまう場合があります。クリエイティブサーベイでは、スマートフォンでも回答し辛くならないよう、表をバラバラにして1行づつ縦に並べたような見た目になりますので、比較的回答者負荷への影響は少なくなるよう配慮しています。

最近はスマホからの回答が50%以上になることが多く、配信方法によっては80%近くがスマホ経由ということもありますので、スマホで回答しやすいか?という点は重要です。
その他に、クリエイティブサーベイでは選択肢の並び順のランダマイズなどもできます!

参照:マトリクスタイプの使い方(https://help.creativesurvey.com/what-is-text-matrix)

 

SD法にも使える!直感的に回答できるスライドバータイプ

スライドバータイプはあまり一般的な質問形式ではないのですが、クリエイティブサーベイのオススメの機能の1つで、尺度法にもピッタリです。
ご覧の通りバーをスライドさせて回答することができ、両極に対照的なワードや、評価段階を設定することがらできます。

スライドバーの良いところ次のようなポイントです。

・ スマートフォンでも直感的に回答できる
・ 評価段階に縛られず感覚的に回答しやすい
・ 結果画面がヒートマップ対応

スライドバーはスマートフォンで表示しても下の図のように見辛くなりません。また、指でバーを直接動かすことが出来るので、スマホで回答しやすい画面を作ることができます。
明確な評価段階を設けずにバーを動かして回答ができるため、より感覚的に回答することができるのもポイントです!
結果画面は段階別の棒グラフ表示と、ヒートマップ表示に対応しており、平均評価だけでなく、評価の集中と分散が直感的に分かるようになっています。

今回は、ユーザーの声(感情・感性)を聞くときに便利な尺度法と、それをクリエイティブサーベイで作るときにオススメのマトリクス・スライドバーについて解説しました。他にもNPS(ネットプロモータースコア)を使った方法などもあるのですが、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。